0015 英単語の記憶方法

Q 英単語を含め、暗記が苦手です。何かよい方法があったら教えてください。

A 覚えても忘れるのは当たり前なので、覚え直す作業は避けられない。特に、英単語は数が膨大であり、効率的に進められるかどうかが学習全体の効率にも影響する。

具体的な方法として、英単語を覚えたら、

  1. その翌日に確認
  2. 覚えていた場合は3日後に確認(覚えていなかった場合は1.に戻る)
  3. 1週間後に確認(覚えていなかった場合は1.に戻る)
  4. 2週間後に確認(覚えていなかった場合は1.に戻る)

という具合に、間を徐々に空けながら、繰り返し確認/暗記の作業を行っていく。

上記の方法をページを繰りながら実行するのは非効率である。そこで、パソコン(+スマホ等)を使う。

「Anki」というシェアウェアがあり、上記のような時間管理を自動でしてくれる。基本的には紙のカードを電子化した形態であるが、音声や画像、発音記号や英英辞典の訳を加えるなど、形式を自由に設定できる。最初に使い方をマスターするのと、自分なりの単語データを加えていく作業は必要になる。しかし、数千語を越える英単語の記憶を対象とした場合、1年間で数百時間以上の節約ができるので、ぜひ、使いこなしてほしい。