0001 進学先の高校の選び方

Q 公立中学生です。進学先の高校の選び方について、アドバイスをお願いします。

A 以下の3項目について検討し、保護者の意見も参考にして決定しよう。中学に入ったらすぐに調べはじめるのがよい。仮でもよいので、早めに(中3になってからでは遅い)志望校を設定して、学習計画等に反映させる。

1 高校卒業後の進路実績

(合格先ではなく実際の)進学先と人数、就職先と人数

2 高校の概要

・ハード面:所在地、通学路・時間、生徒・教員数、設備

・ソフト面:教育方針・計画・運用状況、学習カリキュラム、部活動、行事、校風

・・学校の雰囲気を知るために、文化祭等の公開行事に積極的に参加したい。中学校の先輩がいれば話を聞く。訪問の際に、通学方法についても検討できる。機会が限られているので、中1から計画的に実施するのがよい。

3 入学者選抜方法

・入学者選抜方法については、基本的にネット/受験関連書籍で調査できる。

・・実績があり(設立してから少なくとも3年以上)、かつ、親身になってくれる塾に通っているのであれば、実態を説明してもらうのがよい。学習塾は中学校よりも情報を多く持っている。

・・中学校の教員のアドバイスは、種々の事情(不合格者を出したくない等)の理由から必ずしも生徒本人に役立つとは限らないので、参考に留めておく。また、志望校に関する情報提供は通常中3になってからなので、活用するには遅すぎる。

・・地域によって異なるが、目安として、上位から約8割までが公立高校(費用が安い~最近は高校まで無償化される方向だけれど)に進学できる。